<< 走れメロス | main | そこまでは・・・ >>
2008.12.13 Saturday

こんなときも・・・

0
    朝交差点で坊主頭の高校生が立っていた。
    そこへ女子高生が駆け寄り、イヤフォンを抜き去り
    何かつぶやいていた。

    その子は何事もなく友達のところへ戻っていった。

    何をつぶやいたのだろう?
    多分坊主頭の男の子は今日1日妄想がとまらないだろう。

    もしかしてあいつは俺のこと好きなのか?
    多分こんな事を1日中考えていると思うが、
    世の中そんなには甘くない。
    彼女は単純に何を聞いていたか確かめたかっただけだったり
    気まぐれで声をかけただけだったり、しかも友達として

    でも、ドキドキ感を味わえただけでももうけもの。
    今では只のエロ男爵に・・・
    決して女子高生のミニスカートに見とれていたわけではありません。

    そういえば似たようなこともあった。
    机に顔を伏せて寝ながら聞いているとなにやら引っ張られ
    顔を上げるとあの娘の顔があった。
    「何聞いてるの?」と問いかけが・・・
    恥ずかしかったのでそのまままた顔を伏せてしまった。
    その日からあの娘のことが頭からはなれなくなった。

    でも何もなかった。

    つい何かを期待してしまう自分。
    なぜか年をとっても変わらない。
    恋に妄想はつきものだよね。

    皆さん、一緒にドキドキしましょう!




    コメント
     ん それは 私の妄想力をも掻き立てますねえ

     その 女子高生は絶対に ワイセツな言葉を
    つぶやいた

     坊主の男の子は 第2の朝立ちを
    ポケットに手を突っ込み少し前かがみになり
    必死に ごまかしたに違いない

     そして 3時間目終了で休み時間に
    2たび つぶやかれ 第3の朝立ちが・・・

     そして 4時間目終了 昼休み
    つぶやかれたとうり 誰もいない
    体育倉庫へ

     そこには 罠が・・・  

     オウ ジーザス!

     みなさん 具は清潔に

     
    •  魂
    • 2008.12.14 Sunday 23:22
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM